www.fabre-togo.com

特定調停というのも任意による整理と同じように、各債権を有する者に対して支払いを続けることを前提とした借金を整理していく手順なのです。わかりやすくいうならば裁判所が間に入る借金整理と考えればいいでしょう。この手順も任意整理とほぼ同じく破産手続きと違ってある部分だけの借金のみをまとめることになるので、他の保証人が付いている借入以外について手続きする時や自動車ローンの分を除いて検討していく場合等においてでも使用することができますし全ての財産を放棄する義務はないので、マンションなどの自分名義の財産を所有しているものの手放したくない状況でも活用できる借金整理の手続きです。手続き後の返済に必要な額と現実の収入をかんがみて、だいたい返済の目処が立つ場合においてはこの手続きを取るほうが良いといえますが破産申告のように借金自体がクリアになるのではありませんので、お金の総量がかなりある状況の場合、現実問題として特定調停の手続きを進めることは困難になると考えるのが無難でしょう。また、この特定調停は司法機関が間に入りますので弁護士等に関わってもらわなくても不利になってしまう心配がないということとか、金額を節約できるというポイントは注目できますが貸方からのきびしい催促に債務者自らが応対しなければならないことや、実際の裁判所に数回出頭することになるという要素もあります。さらに、任意による整理と比較すると、最終段階でも同意に達しないような際は求められている利息をそのまま付けた金額で払っていくことが求められるという点や結果的に債権を持つものに対して支払っていく金額が任意整理による手続きの場合と比較して割高になる場合が多い等の点もあります。