www.fabre-togo.com

破産にあたって自分の返済義務にあたり保証人が存在するときには事前に相談しておいたほうがよいでしょう。もう一度、強調しておきますが、保証人となる人物が存在するときは破産申告の前段階に少し検討しておかなければなりません。その理由は今あなたが破産手続きを出して免除されると、その人があなたの負債をいっさいがっさい果たすことになるからです。ですから、自己破産手続き以前にあなたの保証人に、詳細やおかれた現状を説明しお詫びをしなければいけないでしょう。それは保証人の立場から見ると当たり前のことです。あなたが自己破産することにより、有無を言わせず大きな借金が生じてしまうことになるのですから。そうして、それからの保証人となる人の取れる手段は以下の4つになります。まず保証人となる人が「すべてを返済する」という選択肢です。保証人である人がすぐに大きな借金をいともなく支払うことができるというような現金を用意しているならばそれができます。ただその場合は、自分で自己破産せず保証人自身に立て替えてもらって、今後はその保証人に月々の返済をしていくということもできるかと思われます。また保証人が債務者と信頼関係にあるのなら少し完済期間を長くしてもらうこともありえます。またひとまとめにして返すことが不可能でも相談すれば分割に応じてくれるかもしれません。保証人となっている人にも債務整理をされてしまうと、借金が全然返らないリスクを負うからです。その保証人がその返済額を全額支払う財産がなければ、あなた自身と同様に何らかの借金を整理することを選択が必要になります。続いてが「任意整理」を行う方法です。この方法は貸金業者と相談する方法で3〜5年の期間で返済する方法になっています。依頼する際のかかる費用は債権1件につきだいたい4万円。もし7社からの借り入れがあればだいたい28万円必要です。むろん相手方との示談を自分でやることも不可能ではないですが、法律の経験も知識もない方だと相手側があなたにとってデメリットの多い条件を投げてくるので気を付けなければなりません。いずれにしても、任意整理になるとしたとしても保証人に債務を払ってもらうわけなので借りた人は長くかかるとしてもあなたの保証人に返していく義務があるでしょう。次の3つめは保証人となる人もあなたと同様「破産を申し立てる」という選択です。保証人も債権者と同様に破産手続きをすれば、保証人である人の義務も返さなくて良いことになります。ただし、保証人がもし住宅等の不動産を所有しているならばその資産を失ってしまいますし、税理士等の職についているのであれば影響があります。そのような場合は、個人再生制度を活用できます。4つめの選択肢は「個人再生という制度を使う」ようにします。マンション等の不動産を処分せず負債の整理を行う場合や、破産申告では資格制限に触れる職に従事している方に選択できるのが個人再生による処理です。この方法の場合自分の家は処分しなくてもよいですし、破産申し立ての場合のような資格制限等はありません。

コンテンツメニュー