www.fabre-togo.com

民事再生による解決は住宅のローンを含む多重債務の問題に悩んでいる人々を救済するためにマイホームを維持しつつも金銭的に再生するための法による債務を整理する方法として2000年11月に施行された選択肢です。破産宣告とは違い免責不許可となる条件はありませんので、投機などで借金をした場合も民事再生手続きは取れますし、破産申請をしてしまうと業務停止になる業界で給与を得ているような場合でも民事再生手続きは検討可能です。破産手続きの場合は、マイホームを残すことは不可能ですし、他の債務処理方法ではやはり元金は返していくことが求められますので、マンション等のローンもある一方で完済するのは多くの人の場合難しいでしょう。ですが、民事再生という手順を選択できれば、住宅ローンなど以外の借金についてはけっこうなものを減ずることもできますので余裕がある状態で住宅のためのローンを返済しつつそのほかの借入金を支払っていくことも可能というわけです。ただし、民事再生は任意整理による手続きや特定調停といった手続きと異なり一定の債務を除外扱いして手続きをすることはできませんし、自己破産においてのように返済義務それ自体なくなってしまうのではありません。くわえて、これとは別の選択肢に比べいくらかこみいっていて負担もかかりますのでマンション等のローンがあり住んでいる家を維持したいような状況以外で、破産申告等のそれ以外の方法がとれない際における最終的な解決策と判断しておくのがいいでしょう。