www.fabre-togo.com

書籍の宣伝広告、電話ボックスに見られる広告や郵便広告で、「負債の合理化やります」「多重債務をまとめたいと思ったら」という内容の売り文句を見ることがよくあります。こういうのは、「片付け屋」「買取専門屋」「紹介屋」と呼ばれる企業の嘘広告のときがあるということです。これらを頼んだケースでは破産の流れの中で一番重要な免責承認をもらえない恐れがあります。「片付け屋」の場合、宣伝などで多重負債者を集めすさまじい代金を出させて整頓を行うのですが、現実には債務整理はなされず、借金者はもっと債務スパイラルにはまることが大方と言ってよいでしょう。「買取専門屋」というのは、債務人のクレジットで、家電製品、何らかの券を山ほど注文させて依頼者からこれらの品々を値段の1割あるいは半分で引き取るという方法です。債務者は短期にはキャッシュがもらえますが、まもなくカード会社から品物の売値の請求が届くことになり、結局のところ債務額を上乗せすることになります。クレジットカード業者相手の詐欺行為とされて免責許諾を手に入れられなくなります。「紹介業者」では、大口の貸金業者から借りられなくなった債務者に資金提供はせずに、融通をしてもらえる別の会社を教えて、常識外の料金を出させる企業です。紹介人は直接の手続きでお金を貸し出し可能になったというふうにしゃべりますが、実際には何もせず単純に審議の緩やかな店を教えているというだけです。このケースだと現実には債務を増大させる結果に終わります。