www.fabre-togo.com

民事再生による整理は住宅のためのローンがある多重債務の問題に困っている方々のために住んでいる家を維持しつつ経済面で再建するための道として2000年11月にはじまったルールです。破産と違って免責不許可事由がありませんので、散財などで借金を作ったようなときでも申請は取れますし、破産申告をすることで業務禁止になるリスクのある免許で収入を得ているような方でも手続きが行えます。自己破産では、住んでいる家を保有したままにするわけにはいきませんし、任意整理と特定調停では、借金の元金は完済していくことが要求されますので、住宅ローン等を含め支払うのは現実として難しいでしょう。ただし、民事再生という方法を取ることができれば、マンション等のローンを除いた借金額は相当なものを削減することも可能ですので、余裕を持ちながら住宅ローン等を支払いながらあとの借り入れ分を払い続けることも可能ということになります。しかしながら、民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停といった方法とは異なりある部分のみの借り入れだけを切り取って処理することは不可能ですし破産申請におけるように負債それ自体消滅するということではありません。また、そのほかの選択肢と比較しても手続きの手順が簡単ではなく時間が必要ですので、住宅のローンを組んでいて住宅を手放したくないような場合等以外において、破産申告等といったそれ以外の整理ができない際の最後の処理として考えていた方がいいでしょう。