2円50銭の幅でドル高が進むと

通常のFX投資の雑誌では、「損をしたケースではナンピン買いをすることによって全体の平均のコストをコントロールする事が出来る」等と助言されていたりする事もありますが実際はナンピン買いには目に見えない引っ掛けがある。

はじめに、ナンピン買いの理屈について分かりやすく記述しておきます。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。

ドル買いですので円安ドル高になればなるほど黒字が出るわけだが、思っていたのとは逆に95円までドル安が進んでしまったとします。

そのままポジションを所有し続けたらプラスになるためには損した分円安ドル高に動かなければなりません。

誰でも、損失は可能な限り早くリカバリしたいと考えます。

このためはじめに売買したのと同額分のドルを95円で買います。

そうすると、ポジションの買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

要するに、2円50銭の幅でドル高が進むと、損失を失くせます。

それが、ナンピン買いの手法です。

このような、ナンピン買いのやり方を目にすると「ごもっとも」という気分になるが、為替はそう易々と上手くはいきません。

だいたい、1ドル95円が底だということなど、誰一人としてわからないのである。

為替相場が強いドル安の流れだとしたら、95円では止まることなくより一層ドル安が進む可能性があります。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをした時に1ドル95円までドル安になったら、ナンピン買いした分にも損失が生まれることになってしまいます。

その状況では、初めに注文したドルと合計で、2倍の差損を被ります。

それほど、ナンピンは難しいのだ。

では、為替が己の台本とは別の方向にみるみる向ってしまった場合、どのような手法で危機を避ければいいのでしょうか。

ここで取るべき道は2つあります。

最初のひとつはあきらめて損切りをする事です。

ふたつめは今現在、自分か保持している買いポジションを小さくする事によって、再び為替が元のようになるのをじっと待つことだけです。

消極的な手段だとおっしゃる方もいるkもしれません。

だけど、自分が保持しているポジションにマイナスが生まれた時最も妥当な手段はこれ以外にはないです。

言うまでも無く、考え方としてはナンピンという対策も有効です。

だけどナンピンは自身がマイナスになっている状態でポジションを無くすどころか、遂にポジションを増やしていく手法です。

これでは、危機を避けることなどどう考えてもできないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばやがては損失が回復するかもしれません。

だが、それより前に資金は無くなってしまいます。

コンテンツメニュー

    Link