前の利用額や利用可能残高等が照会可能です)

クレジットカードを契約していると必ずクレジットカード会社からご利用明細の案内があります。

それらのご利用明細を見るよう習慣づけていればどこの店でいつどんな商品にクレジットカードでどのくらい利用したのかというような記録が一覧表になっているため以前そのカードを利用した購入履歴を一目するにおいて易しく安心です。

代用はなんともきびしいと感じるかもしれませんが、ミニおこづかい帳みたいなものとして見ることもできるため支出管理の味方にもなるはずです。

なおカード利用明細書送付されてからだいたい半月後にカード代金の振り込みがされるわけです。

つまりはその利用代金明細を見てみて、ちょっとでもおかしな支払い例えば使ったこともない項目が記載されていれば、コールセンターに電話をして調査してもらえば良い場合が多いでしょう。

本当にスキミングによる乱用をはじめとする第三者によるカード使用が発見された際にもクレカカード所持者に何か理由(落ち度)がない限り、大抵の場合はクレジットカード会社が項目を請求しないようにしてくれます。

ここ数年ではこういったご利用明細をパソコン画面で見られるクレカが一般的です。

いつでもどのお店でどんなものを決済したかを把握しておくといったことでカード犯罪を防ぐことをはじめとして、収支記録代わりにもぴったりで貯金管理でさえもいっぺんにできます(専用ページでクレカの履歴をリストアップOKなブランドは前の利用額や利用可能残高等が照会可能です)。

カードは上記の視点からも十二分に有益な手立てだと言えます。

コンテンツメニュー

    Link